地域の協力で中川オリジナルソング「つながる“なかがわ”」作り

今年7月の中川ふれあいフェスタ実行委員会で、「コロナ感染拡大で次々と地域イベントが中止に追い込まれる中で、オリジナルソングを作り、ダンスの振り付けをしてまちを元気にしよう。曲を作れて、ダンスの振り付けができるメンバーが地域にいるからできる。」とオリジナルソング作りがスタートしました。

作曲はフェスタ実行委員でもある老健ソフィア都筑の園田さんが手を上げて作り、プロの作曲家であるNPO法人I Loveつづき理事長の岩室さんが編曲をしてくれました。
作詞は、子どもから高齢者の有志がワークショップスタイルで集まり、中川の自慢などのキーワードを集めて作りました。そして歌自慢のお友達や地域の子どもたちが歌い、「つながる“なかがわ”」の収録ができました。

「つながる“なかがわ”」 はこちらで再生できます!

 

あとはダンスの振り付けです。中川ふれあいフェスタのステージ出演常連のキッズダンスチーム「キャンディ―キッズ」の主宰者である大政さんが、簡単で誰でも踊れる楽しいダンスをと振り付けをして下さいました。

11月8日の中川まちなかマーケットで、「キャンディ―キッズ」がダンスをお披露目し、商業地区の各所でダンス風景を収録しました。この収録を編集し、近々YouTubeにアップする予定ですので、楽しみにお待ちください。

タウンニュースでも取り上げられました。

中川有志 テーマ曲で賑わい創出 つながる“なかがわ”制作 | 都筑区 | タウンニュース
まちの賑わいを創出しようと中川駅前商業地区振興会(馬場武志会長)を中心に中川のまちづくりをする人々が中川の歌「つながる”なかがわ”」を先月イベントで発表した。11月8日...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
過去の投稿を見る
フェスタ
このページをシェアする
ほっとカフェ中川をフォローする
ほっとカフェ中川

コメント

タイトルとURLをコピーしました