NHKラジオ深夜便で川手昭二さんが「住民参加と港北ニュータウン」を語られました

1月22日のNHKラジオ深夜便で、川手昭二さんが「住民参加の港北ニュータウン50年」と題して、港北ニュータウン開発の経験と今後のニュータウンの在り方についてお話されましたので、ご紹介します。

川手さんのご専門は都市計画・設計家で、50年前に港北ニュータウン建設に日本住宅公団所長として携わり、その後、筑波大学の社会学部教授として都市設計方面の人材育成に当たられました。現在も都筑区にお住まいで専門家と市民の立場からまちづくりについて様々な提言をされています。

(お話しの内容)

・基本理念である住民の参加を港北ニュータウン設計にどうつなげたか

・都筑区民の大好きなグリーンマトリックスはどう作られたか

・港北ニュータウンに住んでの体験

・これからの住み易いまちづくり

NHK
https://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=0324_04_2590826

またYouTubeで聞くことができます。

2021 01 22 住民参加・ニュータウン・50年/川手 昭二・筑波大学 名誉教授 NHK ラジオ深夜便 4

港北ニュータウンの歴史は港北ニュータウン記念協会の下記をご覧ください。
http://kn-kk.com/archives/linkpdf/05080.pdf

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
過去の投稿を見る
ぐるっと緑道
このページをシェアする
ほっとカフェ中川をフォローする
ほっとカフェ中川
タイトルとURLをコピーしました