地域緑のまちづくり-実行組織「中川緑と水と歴史をつなぐ会」発足

4月から地域緑のまちづくりを推進する「中川緑と水と歴史をつなぐ会」が、2月27日、中川西町内会館で運営会開き、正式発足しました。運営会には、地域団体から推薦された15名からなり、この日はオンライン参加も含めて14名の運営委員が出席し、つなぐ会規約、役員選出、横浜市と契約を結ぶ地域緑化計画、2022年活動計画を決定しました。今後、3月末を目途に横浜市と契約を締結し、4月から事業を開始します。

▼選出された役員

会長  塩入廣中(ぐるっと緑道理事長/早渕川・老馬谷ガーデン運営会会長)

副会長 植田克義(中川西町内会長)

小門 謙(ぐるっと緑道副理事長)

会計  川本久美子(早渕川・老馬谷ガーデン運営会会計)

監事  中村康弘(中川西町内会会計)

地域緑のまちづくり-実行組織「中川緑と水と歴史をつなぐ会」発足

中川「地域緑のまちづくり」についての詳細は、こちらからご覧いただけます。

地域緑化計画の内容
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
過去の投稿を見る
ぐるっと緑道
このページをシェアする
ほっとカフェ中川をフォローする
ほっとカフェ中川
タイトルとURLをコピーしました