★お知らせ★ ほっとカフェは10月再開します

ほっとカフェサロン「中国で10年間日本語教師として生活して」

4月26日のほっとカフェサロンは中国での日本語教師体験

 4月26日のほっとカフェサロンは、地域住民の松木さんが中国での日本語教師体験のお話をして下しました。松木さんは定年後に大学院で言語学を学び、その後中国重慶師範大学で10年間日本語教師をしました。

ほっとカフェサロン風景

 なぜ定年後に日本語教師を目指すようになったのか、中国での日本語教師の生活、学生との交流等について写真を使いながら説明して下さいました。
中国の大学入試は全国統一試験で非常に厳しい競争で、大学に入っても良く勉強するのですが、学生はマンガ、映画など日本文化が大好きで、コスプレも楽しんでいるとの話を聞き、文化等の草の根の交流がいかに大切かを感じました。

忘年会で日本の歌を歌う学生
新選組のコスプレで盛り上げる学生

 また、中国人の考え方、日中関係についてもコメントがありました。サラリーマンのセカンドキャリアのお話としても役に立つ内容でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
過去の投稿を見る
ほっとカフェ
このページをシェアする
ほっとカフェ中川をフォローする
ほっとカフェ中川
タイトルとURLをコピーしました