★お知らせ★ ほっとカフェは10月再開します

ウォーキングのみどころ(9)新緑と山野草を見る

 4/14(水)はほっとカフェの「楽しくウォーキング」の開催日でした。あいにく雨降りで中止になりましたが、集まった有志6名で、くさぶえのみちの新緑と山崎公園の山野草を見て楽しみました。
皆さんも近くの緑道、里山を訪れては如何でしょうか。
緑道、里山は公園愛護会の皆さんの活動で維持されています。

(くさぶえのみち)
雨のために歩いている人も少なく、ゆっくりと雨でぬれて黒くなった木肌と新緑の黄緑のコントラストがきれいな風景を楽しみました。桜の花も終わり、上にはナンジャモンジャ、ウツギの花木が白やピンク花をつけ、下にはツツジの花が咲きとてもきれいでした。目立たないですがモミジが小さなピンクの花をつけていました。

くさぶえのみちのナンジャモンジャの白い花
モミジも花盛り

(山崎公園里山)
 山崎公園里山は竹林と広葉樹林で構成され昔の里山の雰囲気が残されています。竹林はコロナ感染防止の為に「たけのこ掘り」の一般開放が行われなかったのが残念ですが、タケノコは大きく育っていました。山野草の保護区域では、絶滅危惧種のキンラン、ギンラン、ジュウニヒトエ、ホウチャクソウ等が咲き、特にキンランの黄色はとてもきれいでした。

詳しくは山崎公園愛護会HPの「季節のスケッチ」をご覧ください。

https://guruttoryokudo.jp/wp-content/uploads/2021/04/20210408_kisetsu-sketch2021-4.pdf

大きく育ったタケノコを見る
山野草保護地区を見学
キンランが咲いていた
ジュウニヒトエとヤマユリを見る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
過去の投稿を見る
ぐるっと緑道ほっとカフェ
このページをシェアする
ほっとカフェ中川をフォローする
ほっとカフェ中川
タイトルとURLをコピーしました