「中川新春餅つき大会」中川駅前は大勢の来場者で盛り上がる

好天に恵まれた1/25(土)、午前11時から「中川新春餅つき大会」が中川駅前商業地区振興会とNPO法人ぐるっと緑道の主催で開催されました。
餅つき、コマまわしなどの正月遊び、アフリカ太鼓ジャンベの演奏、マジック等楽しいイベントが会場を盛り上げました。
そして美味しい2色餅と豚汁の販売が行われ、冬の寒さを吹き飛ばす盛り上がりとなりました。

朝8時半から「中川西小・中おやじの会」と「ぐるっと緑道」の皆さんが集まり、餅つきの準備を開始、9時半からは「中川駅前商業地区振興会」の皆さんが加わり会場設営を行いました。
10時半からボクシング元2階級世界チャンピオンのファイティング原田さんの餅つき始めをスタートに、「おやじの会」の皆さん17名が60キロの餅をつき、2色餅への加工は「ほっとカフェ中川」のスタッフなど13名、豚汁の販売は「振興会」の皆さんが担当しました。
そして500食のお餅と200食の豚汁を多くの皆さんに美味しく食べていただき、13時に完売しました。
子供用に餅つき体験、様々な正月遊びがあり、たくさんの親子が中川の新春を楽しんでいました。

ご来場くださった皆さん、ご協力頂いた約90名のボランティアの皆さん、ボランティアに差し入れをしてくださった商店の皆様、大変ありがとうございました。

お餅は中川西小・西中おやじの会17名がつきました

2色餅づくりはほっとカフェ中川のスタッフ12名が担当

お餅は整理券で販売しました

豚汁は中川駅前商業地区振興会の皆さんが販売

アフリカ太鼓ジャンベの演奏で会場は大盛り上がり

三好さんのマジックに大勢の子どもたち

子ども餅つき体験には長蛇の列

地区センターの寺子屋の子どもたちにはけん玉が大人気

書初めコーナーではチョークでお絵描きも

真剣にコマ回し!

asobi基地では子どもたちが自由な発想で工作

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です