山崎公園 根の露出した桜並木の改善工事説明

山崎公園運動場の周りに植えられた桜(ソメイヨシノ)は、中川の桜名所の一つです。

しかし、斜面にある為に雨で根元の土が流れ、根が酷く露出する可哀そうな状態になっています。

土が流れ根が露出したソメイヨシノ

昨年9月に開かれた「中川まちづくり連絡会」では、区役所より来年度に工事を行うとの回答があり、3月14日木曜日、土木事務所内山係長から現地で基本計画の説明が住民にありました。
◇山崎公園地図

山﨑公園ってこんなとこ をご参照下さい。

◇改修の基本計画概要

桜並木土留め基本設計

・運動場の周りにコンクリート製の土止めを作り、桜の根元に土を入れ、土が流れないよ
う土留め植物を植えます。
・土止めのコンクリートの上には、腰かけられるベンチ板を部分的に設置します。
・周囲の園路の端にはスチールエッジを敷設し、園路の土が流れないようにします。
・来年度中に完成させます。
・詳細設計ができた段階で、再度説明をします。

運動場の周りにこんな感じの土止めができます

◇参加した住民の意見
・基本計画に概ね賛成で、細かい質問が出ました。

桜並木の改善案の説明を聞く住民

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です