自転車による人身事故防止のプランター設置

中川駅前商業地区のメインストリートである「花と香りのみち」は坂になっており、スピードを出して走る自転車による人身事故が心配でした。
都筑土木事務所と地域の代表であるハマロードサポーターは、自転車のスピードを落とすために障害物となるプランターを設置する為に、
三角コーンによるテストを1月から行ってきました。そのテスト結果が検証され、3月2日に「花と香りのみち」にふさわしいプランターが3台設置されました。
プランターの花はハマロードサポータによって維持されます。

ステージ広場のプランター

花と香りのみちのプランター

きれいな花が植えられたプランターです

三角コーンによるテストで検証

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です