冬場のラベンダー剪定作業

中川駅周辺の花壇にはたくさんのラベンダーが植えられ、初夏には紫の花が咲き、良い香りを漂わせています。

花は刈り取って香り袋等を作り楽しませてくれます。このラベンダーも、春は追肥、夏は花の刈取り、秋は弱い刈込、冬は強い刈込の手入れにより美しく維持されています。

1月19日、24日、29日に中川ルネッサンスプロジェクトメンバーにより、駅前広場のラベンダーを中心に刈込が行われました。

まず裾の剪定から開始

座り込んで刈込み

剪定した枝集め

しばらく緑が無くなって寂しいのですが、春になったら新しい芽が出て、美しい緑と香りが復活します。

剪定したスロープ側ラベンダー

剪定したシンボルツリーラベンダー

剪定した道標ラベンダー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です