「早渕川・老馬谷ガーデン」プランの検討進む!!

都筑区、都市大、市民の協力で「早渕川・老馬谷ガーデン」プランの検討が進んでいます。
来年3月から横浜市の各地で開催される「第33回全国都市緑化よこはまフェア」の一環として、中川3丁目早渕川沿いの市有地に、市民・東京都市大学と都筑区役所が協力し、来年3月の完成を目標に花壇と散歩道を作るプロジェクトの検討が進んでいます。
図:建設場所
プロジェクトエリア

この辺りは、江戸時代、大山街道が通り、老馬鍛冶山不動尊の霊泉の滝があり、荏田宿の入口でもある歴史スポットで、ニュータウン開発前は「老馬谷(ロウバヤト)」と呼ばれていました。また、都筑区を貫く早渕川の入り口にあたり、「早渕川・老馬谷ガーデン」ができると、センター北まで農業風景を楽しみながら川の両側を安全に歩くことができます。

写真:建設場所の現状

早淵川b_20160819

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です