寒波を吹き飛ばす中川駅前「新春餅つき大会」

「ほっとカフェ」はお餅の加工 

1月23日(日)中川駅前で中川駅前商業地区振興会とNPO法人ぐるっと緑道が主催する「新春餅つき大会」が中川駅前みんなの広場で開催されました。

おおぜいのボランティアの協力で70キロ、約35臼の餅がつきあげられ、二色餅、お汁粉となって販売されました。
美味しいと評判で、販売には長い列ができました。最高気温6度の寒い一日でしたが、寒さを吹き飛ばす和太鼓、津軽三味線の演奏もあり、中川駅前はおおぜいの人で盛り上がりました。

亜吐夢の皆さんによる元気な和太鼓でスタート

都筑太鼓

ケアプラザ、地区センターからたくさんのボランティアが協力し、販売

餅販売

会場にはおいしいお餅を買う長い列ができました

長い列

かわいい飯島姉妹の津軽三味線と民謡は新春にぴったり

3津軽三味線

カフェに寄贈のあった古本販売の収益金はネパール大地震支援に送られます

4古本

おいしいお餅ができるまで

20160123-11

20160123-12

20160123-13

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です