「中川まちづくりプラン」検討進む

まちづくりNPO法人ぐるっと緑道の呼び掛けにより地域の団体や住民が参加し、「中川まちづくりプラン」の検討が進んでいます。
都筑区で検討最終段階にある「都筑区まちづくりプラン」の中川版です。中川駅周辺のまちづくりのテーマは「緑豊かで安全で楽しいまちに!」、「子供に高齢者にも優しいまちに!」、「地域の参加で作るまちづくり!」です。
10月に下記の都筑まちづくりプランによる課題出しを行いました。
その後、12月には分科会により下記重要項目の現場調査が行われました。

  1. 歩道、緑道の自転車の走行、商業地区内の駐輪問題
  2. 危険な道路と駅周辺のバリアフリー問題
  3. 早渕川水辺の魅力アップ
  4. 公園、里山、緑道の魅力アップ

坂道

自転車が商業地区内の歩道橋や坂道をスピードを出して走るのは危険

自転車と人

自転車は1.5mの狭い歩道を走り、人と交錯している

車椅子風景

車いすで道路のバリアフリーをチェックしました

歩道の中央に金属ポール

歩道にポールがあったり、駐車入口勾配部では車いすが傾き危険。

スロープ

駅前歩道橋のスロープは長く、勾配がきつく車いすは大変

早ブチ側

中川3丁目早渕川側道は通過交通。安全な歩道、緑の休憩場所が欲しい

山崎公園

山崎公園、烏山には野鳥、貴重な植物等があり、地域の財産として保護したい

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です