6月の中川はラベンダーがいっぱい

中川駅前商業地区には中川ルネッサンスプロジェクトで多くのラベンダーが植えられています。
北海道富良野のラベンダーは有名ですが、ここ中川でもラベンダーの紫の花と香りが楽しめるのです。
植えてあるラベンダーの種類は、香りが強く、春と秋の2回咲くアルマティコ、精油も取れるグロッソの2種類で、よく見るとミツバチも来ています。
(駅のシンボルツリーの周りにに咲くラベンダー・グロッソ)
15062407.jpg
(駅前花壇に咲いたラベンダー・アルマティコ)
15062406.jpg
(駅前案内板のラベンダー説明)
1506240501.jpg
6月19日、ナーサリーに植えてあるラベンダーを移植する関係上、花の収穫を行いました。
収穫した花は、NRPとほっとカフェメンバーが「ラベンダーステイック」や「シューズキーパー」などを作り、NRPの運営資金作りにほっとカフェで寄付販売とするほか、花壇の散水をして下さっている商店に差し上げました。
(収穫したナーサリーのラベンダー・グロッソ)
15062404.jpg
(ボランティアが作ったきれいなラベンダーステイック、良い香りがします)
15062403.jpg
(かわいいシューズキーパー、抗菌・消臭効果もあるそうです)
15062401.jpg
(摘みたてのラベンダーを贅沢に使ったラベンダー・リースがカフェに飾られています)
1506240201.jpg

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です